一般的に食される代表的な穀物は米・麦・とうもろこし・大豆です

日常的にもっとも広く食されている穀物は米と小麦です

大豆は穀物なのですが実際に豆は、収穫時期によって食べ物としての分類が変わります。 葉もさやも緑色で、豆が未成熟な状態で食べる場合は野菜に分類されます。成熟した豆を乾燥した状態で収穫・脱穀したものは穀物になります。枝豆は大豆を未成熟のうちに収穫して食べるようにしたものなので、枝豆は野菜として出荷されます。ちなみに枝豆は枝付きのまま、茹でて食べたことがその名の由来です。

世界三大穀物はトウモロコシ、小麦、米であり、世界的にこの三つが多く生産されています。 穀物が含む栄養素は主に炭水化物です。タンパク質や脂肪も含まれるものの穀物の摂取だけでは不足しがちなため、多くの文化圏において穀物はタンパク質を補うための豆類とセットで栽培され、消費されてきました。 たとえば、アジア地域における「米と豆」、中近東における「小麦と豆」、アメリカ州における「トウモロコシと豆」の組み合わせです。

食べることを考えた時にも主食を米や麦とした場合にセットとして、考えられるものに豆類が多くなっていることも多いです。日本では昔から味噌汁がその代表的な例です。食生活の変化によって食事の時に味噌汁がない場合もありますが、実際に旅行などで朝食に和食を選んだ場合に味噌汁が出ても何の違和感もないと思います。簡単で便利な味噌汁が多く商品化されているように、フューチャーフーズでは大豆ペーストを使った簡単便利で体に良い商品を開発し続けています。 大豆ペーストと一緒に加工することで調理が楽になる食品もあります。グラタンなどはその代表的な例になります。

【穀物を摂取する意味を理解していただきたい】

穀物という言葉は聞いたことがあると思いますが、もっと深く意味を理解していただきたい。米や小麦などの穀類は、三大栄養素である炭水化物を多く含み,様々な食品に調理・加工され、私たちの日々の活動のエネルギーの供給源として大きな役割を果たしています。 特に日本食は米や小麦を主食とし、様々なバリエーションの副菜・主菜などと組み合わされることで、バランスの良い健康的な食事として、その食文化は海外からも注目されています。その大切な穀物の中に大豆も含まれています。 大豆をそのままで食べることや加工食品として食べることがありますが、毎日の食事だけではなくスイーツやドリンクなどにも加工しやすい大豆ペーストを活用することによって、もっと大豆の良さを分かっていただきたいと思います。

この記事をご覧になられた方がどこまで大豆のことや大豆ペーストのことに興味があるのかではなく、フューチャーフーズの大豆ペーストで作れる食品が何なのか、その食品がどれだけ体に良いものなのかを知っていただきたいと思います。バランスよく栄養を摂っていただくにはある程度の知識を学ばなければなりません。食事だけではなく睡眠の質や運動など体を動かすことも影響します。全てにおいて無理なことを行うのではなく、安心安全を考えて、生活したいものです。 大豆ペーストを普段食として各家庭に常備していただけるように、大豆ペーストの魅力をお伝えしないといけません。まず原材料は大豆のみで余計な味付けはしていません。化学反応やバイオ技術を使わずに、水分調整、温度調整、時間管理、Ph管理といった物理的加工処理のみのオリジナル技術で生産されています。その結果、大豆の青臭いえぐみのない大豆本来のおいしさをそのまま残すことに成功いたしました。更に筋肉や髪など体を構成するたんぱく質、肌の調子を整えるビタミンB群や、亜鉛、サポニン、イソフラボンなど丸大豆の栄養成分がそのままそっくり含まれています。イソフラボンは体内の活性酸素を除去し、免疫力を強め、炎症を抑え、体内内分泌を調整する効果が高いです。1日に必要なイソフラボン(約20mg)は丸大豆15g相当必要ですが、フューチャーフーズの大豆ペースト80gの1パックで摂取可能です。 大豆は免疫力を高める効果と、発熱により身体から失われる栄養素を多く含む食品です。大豆ペーストには免疫力を高める栄養素が含まれています。

美容に関しても大豆の持つ栄養素の成分がお肌に良い環境作りをしてくれます。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをしてくれます。 イソフラボンはコラーゲンの生成を助け、様々な病気の発症を抑える働きがあるため、女性にはもちろん積極的に食事に取り入れてもらいたい成分です。肌の老化はエストロゲンの不足が原因と言われていますので、大豆を積極的に摂取しアンチエイジング効果を期待したいですね。アンチエイジングは男性にも共通して求められることだと思います。メンズ美容なども人気がありますので、まずは食事から自分の体を健康で美しく維持するように心がけたいです。

健康づくりに関して大豆を上手に摂取する方法としてソイプロテインが考えられます。アスリートやボディビルダーが容器を振って飲んでいる姿を見られた方もいらっしゃるはずです。またダイエット用としてコンビニなどでも商品が販売されています。以前に比べておいしいものも増えてきていますので、ソイプロテインを摂取される方は増えています。 植物性のタンパク質として代表的な大豆タンパク質は、ゆっくりと体に吸収されていくと言われており、ソイプロテインを飲むと腹持ちが良いと感じる方もいると思います。 また食事量をコントロールする必要がある減量期間中には、お腹が空くことがストレスとなり、継続することが難しくなってしまうかもしれません。ソイプロテインは、必要なタンパク質を補給でき、満足感が続くため、減量期間中にもおすすめです。 その他にメリットとしては含まれている脂質が牛乳のタンパク質を原料にするプロテインよりも抑えられており、脂質摂取量が気になる方にもソイプロテインはおすすめです。

気をつけていただきたいのは、良質なタンパク質だからといって、大豆製品ばかりをたくさん摂取すると、タンパク質を構成するアミノ酸や、含まれている栄養素が食品によって異なるため、栄養素が偏ってしまう可能性がありますので、バランス良く栄養素を摂取してください。 毎日の食生活でも納豆を1日三食食べることより、1日一食の方がバランスは良いです。 ごはんやパンなどエネルギー源となる主食、肉や魚など体をつくる材料となる主菜、野菜や果物など体の調子を整える副菜をバランス良く摂取することを心がけて下さい。食事の時にはゆっくりよく噛んで食べることをお勧めします。 さらに適度な運動と質の良い睡眠もセットで上手に取り入れていただきたいです。

【大豆ペーストで少しの手間をかけて健康維持をしてほしい】

簡単に摂取できるもので食事を済ますこともありますが、大切な体の健康を維持する意味でも食事内容に気を配ってください。毎日の食事の中に難しいことではなく、簡単なこととして取り入れていただきたいもの。おいしくて美容にも健康にも良いものがギュッと詰まった大豆ペーストを取り入れていただきたいです。そのまま食べても良いですし、調理して更においしく食べていただけます。 手軽に摂れるサプリメントだけで健康な体は作れません。自分の健康のためにバランス良く栄養素を摂取する気持ちで大豆ペーストを取り入れていただければ嬉しいなと思います。